夜会 高山賢人 「若いってのは、スゴイ!」

8月16日、 第5回目の夜会は、二胡奏者「高山 賢人」君。
君というのは、失礼かな?でも20才の若者なので賢人君でいいかな。

去年ロビーコンサートで初めて会った時は、初々しい青年で、初々しい演奏だな、
なんて思っていました。 12月のクリスマスコンサートの時は、ゲスト出演で大納得でした。

それで、タイトルの「若いってのは、すごい!!」って思ったのは、今回は、ピアニスト
「史子」さん。 パーカッションは
山田 和矢さん。
滅茶苦茶にうまくなっているではあ~~りませんか!!

すごいな~~!!すごいな~~!!
若さ、吸収力、どんどん上達していく力。
脳みそのやわらかさを感じた夜でした。

大竹)

ロビコン 今年の8月は暑い!

日焼けがとまらない。

日に日に黒光りしてくる顔と腕。

そんな暑い中 8月11日の午後、第19回目のロビーコンサートが行われました。

今回は「サクシズム」 4人の昭和音大の青年たちの演奏です。
ソプラノサックス・テナーサックス・バリトン・サックス・アルト・サックスのサックス4重奏。

テナーサックスを担当する白鳥君は東御市田中出身で、他の3人は
金子君、横溝君、倉野君は、昭和音大のサキソフォン専攻の同期生です。

現在、神奈川県を拠点に活動を行なっています。

約100人のお客さんの前での熱演で、暑さも吹き飛ばす?演奏でした。

毎回ロビーコンサートに来て頂くお客様もいて、ありがたいな~と思っております。

大竹・金井)

おらほの町の音楽会 終演する!

本日、文化協会音楽部会発表会が東御市文化会館で開催されました。              その様子を、写真でチョットだけお知らせします!

 

 最初は、ハーモニカクラブ

唱歌・童謡を奏でます。

 

 

   

 

 独唱の伴奏もします。

「合奏って難しい・・。」とのことでした。

 

 

 

 ピチカートアンサンブル

木管だけの、リコーダーアンサンブル

とても、やさしい調べでした。

 

 

 

 エオリア・ずくなしアンブラス・あうんの演奏があり、トリは、TNSジャズオーケストラ!

 

  

 いつもより、少人数でしたが、

しっかりとスイングしてました。

今年は、結成30周年だそうです。

益々の活躍に期待します!

 

 

 

[わが美しき故郷よ] 愉会first余韻を残し終演する!

● コンサート 余韻残して 半夏生。                                           寝ている間に、月が移った(初っ端から何言ってんだかねェ・・・)。                 昨日「わが美しき故郷よ」tourとうみが開催された。                       実は、出演された[おおはた雄一]さんのロビーコンサートが、昨年3月12日に予定されていたのだが、例の大震災が前日に起き、急遽、コンサートは中止、そんな訳で、年を越してのコンサートが開催された(一度、公演を延期すると、おおはた雄一さんのスケジュールが取れなかった・・・、結構、忙しい人なんですねェ!)。                                                  出演されたのは、オ―プニングアクトに文化会館では、二度目の出演となるエバラ健太さん、メインコンサートには、おおはた雄一さん・畠山美由紀さん・笹子重治さんであった。 コンサートの様子です。                                        

しっかり演奏しました。                  予定時間を15分もオーバー!

 

 

 

 

横からゴメンね~ェ。        只今、トーク中? イエ、歌ってます。

 

 

ブルース的なフォークと言うか、   とに角、ギターも歌も上手い方でした。                    念願のコンサートです。

 

 

 

畠山美由紀さんと笹子重治さん。

 

 

 

 

ステージの最後は、三人で、「わが美しき故郷よ」です。           畠山さんは、気仙沼ご出身です。

 

 

会場内で、恐らく一番緊張していたのは、この彼、職員F君と思います。   何故かな~~ァ! 鼻息荒くて!    3時間が短かったでしょ~ねェ~?

 

 

偶然の面白い写真を、オマケで!!   ホールに虹が懸かってます。

ベッキー♪♯ライブinとうみ 完了ー!

ベッキーライブ大勢の皆様にお越しいただきましてありがとうございました。
平成24年6月24日 午後6時からおこなわれました。
       何故か? 会館高齢職員ほど「かわいぃ~!」と、見惚れていたポスター!
開場した時の様子です。老若男女・・・人、人、人!
     ベッキーの舞台をお見せできなくて残念でが、 ベッキーの歌声とテレビゆずりの話術や機転の良さに感服!

見てください。皆さんのってるでしょ。
小学生から年配の方々まで非常に幅広い年齢層の方にお越しいただきました。
小学生が、親子で一緒にリズム刻んでいる姿は可愛いかったです。

ベッキーはとても喜んでお帰りになりました。
直後のツイッタ―、ものすごい量で、飛び交いました。
ベッキ―は、ツイッタ―で、”た”の数で皆様のあたたかさを表現。
「あたたたたたたたたかった! 楽しい時間をありがとう!感謝です!」と。
コンサート終了後、見送りに失敗した皆さんごめんなさい。
職員も長い一日が終わりました。

そして、今年の大きな大きなイベントの一つが終わりました。

観客席の皆様に感謝!
裏方を手伝った東御清翔高校舞台芸術の諸君に感謝!
舞台スタッフに感謝!
そしてベッキーありがとう!

 

第18回ロビーコンサート

ご報告が遅くなりました。
第18回ロビーコンサートが、H24年 6月10日行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「田中美恵子」さんと「さとう美樹」さんによる、「癒しのビオラ」と題したロビーコンサート。

田中さんは、昨年5月のロビーコンサートに引き続き2度のロビーコンサートです。今回ピアノを弾いてくれたのが、「さとう美樹」さん。

 

さとう美樹さんの弾いてくれた、「きらきら星変奏曲」。本当はあんなに変化に富んだ曲だったのですね。

 

ビオラ等の説明をしてくださる田中さん。

会場中にお二人の綺麗なメロディーが響き渡り、文字通りの癒しのビオラとなりました。

 

「渡部まいこ」ロビーコンサート

H24年5月13日
東御市文化会館で第17回のロビーコンサート「シンガーソングライター渡部まいこ」のライブが行われました。午後のひととき、渡部まいこさんの美声が約1時間、会館に響き渡りました。
歌の他にもギターやハーモニカも披露して頂きました。
左ききだと言う渡部さん。今日のギターは右利き用でしたね。(あ昔からでしたっけ)

この日、ギターを担当してくれたのが、坪田英樹さん。
もう東御市文化会館では、幾度も演奏や指導をお願いしているのですが、さすが、坪田さん
見事なギターでした。

   
   
   
 

FMとうみ・東御市文化会館合同企画開催する。

 ようやく春(今年は、よく使われている言葉)が来た十九日(木)宵、たぶん全国的にも珍しく、東御市でしか出来ない、ミニFMと文化会館を同時に結び、ライブ実況中継をする、合同企画第一弾『夜会 赤澤麻衣』コンサートが開催された。 

 赤澤麻衣さんは、大田区・東御市の交流を縁に、『巨峰の王国まつり』『TNSジャズオーケストラ定期演奏会』等に出演、市民にも顔なじみのシンガ―ソングライター。

 

  左から司会 FMとうみ 鳴沢理恵子さん

  中央 赤澤麻衣さん

  右は、司会 足立 洋さん      緊張してた?

  

  

 

  

 

 

 

 

 

 

  おしゃべりを、挟みながらの演奏です。

 

 

       

 

 

 市外からも、幾人かお見えになりました。

 

 

 

 

 

 初めてのことなので、両エンジニアスタッフは、

 緊張の連続だったみたいです。

 ライブですから、失敗はゆるされませんからねぇ!

新年度初ロビーコンサート まァーおどけた!!!

4月7日(土)新年度初のロビーコンサートが、開催されました!演奏者は、西沢真理子さん。
ロシア国立モスクワ音楽院大学院を卒業したピアニスト。
曲目は、北欧のショパンとの異名をもつノルウェー生まれのグリーグの『抒情小曲集』を、中心に演奏。FMとうみにご出演いただいた時の、お話を少し紹介・・・「白夜で過ごすロシアで生活してきて、グリーグの曲を弾く時は、その風土を
肌で感じているので、弾き方も変わってくるんでしょうねぇ?」の質問に、
「自然と変わってくるでしょうねぇ。」との返事。

ロシアで生活をした西沢真理子のグリーグ、部外者でも違うと感じるグリーグが演奏された。
さすがである。

入場者は、268名。 過去最多の観客である。 まァーびっくりした。

その様子を少し紹介します。


会館のあちこちから椅子を集め。