はれラジ「サンサンサンテラス」最終回

長らくエフエムとうみさんでお世話になった、js文化フォーラム提供「サンサンサンテラス」ですが、今回で一旦お休みすることになりました。

お世話になりました皆さまに心からお礼申し上げます。

東御市文化会館から番組を生放送

エフエムとうみさんが開局したのは平成22年10月だと思います。当時は当社初代理事長の小原謙一(故)が出演していました。

小原さんは昔音楽村の館長をされていた方で、縁あって平成20年、東御市文化会館で仕事をさせて頂くようになり、5年後他界するまで約2年程番組でお世話になりました。

この当時からジャズに関する番組内容が多かったのですが、小原さんは度々CDを買い込んでは、局に持って行ったのを覚えています。開局の時の〇〇委員をしていたと思います。だから自分のことのように良い放送局を作ろうとしていたのでしょうね。

はれラジ

小原さんは、平成25年に他界しましたが、その1年前から後を引き継いだのが、”大竹茂雄”です。 ・・え? ・・まだ生きてますよ😁 バラもギターも張り切ってます。

後ろ向きで髪を束ねたのが大竹

ジャズの好きな人に ’あるある’ なのですが、「ジャズ」の事と「バラ」の事と「足場」の事はよく知ってるわ〜。 あ、「バラ」と「足場」は、この人に限ってだった。

アーチ組立の様子

約6年間は、このジャズ好きな大竹爺さんが番組を引っ張って来たのです。

月曜日の午後4時から。この月曜日の午後4時という時間は、(故)小原さんが一番視聴率の悪そうな曜日と時間帯が良いといって、わざわざ選んだのですが、当時は何故そんな時間選んでくるのかと思いました。

番組の最初の曲ありますよね。ベースがカッコよく出てくる曲。あれは会社で購入してある著作権フリー音源から採用した曲なのですが、最初は大竹さんがバンドで曲を録音しようとしていましたね。被害を被ったのは社員F。そのためにジャズ曲を採譜を命ぜられて、困ってましたね〜 ハハハ よく言いますね。

さて、番組は過去数人の局アナの方と大竹さんが二人で進めていく形で、ほとんど世間話・・・いや・・会館の事業やお知らせを丹念にお話頂いて、暴走する大竹馬を局アナの方がなだめて進めるというものでしたね。

バラの話も多かったので、ここに興味を持っていた方には残念かと思いますが、”はれラジ”さんと創りたい企画も沢山あるので、いずれ何かの形で皆さんと再会できることとおもいます。

ではその時まで。

あ、今回 はれラジさんのご好意で、9月30日月曜日午後4時から最終回をお送りします。依田さんありがとう!

■そしてこちらは最終回の様子

大竹さんと依田さん。 いつもこんな風に放送しています。
後ろの吸音材、低域の吸収はどうだろう。