言葉さえ!省エネ?

頭の回転にぶり、言葉が続かない!                                      まず、今日の俳句から・・・。

  ○  言わないと  思っていても 「暑いよね!」

  ○  「休もかな」  おもわず木陰  オニヤンマ

 我が拙宅では、毎年、この時期[オニヤンマ]が、家の前の砂利道上を回遊している。                 今年も例年どうり回遊を始めた、推測するに、オニヤンマは、「 恐らく、この家の家族は、トンボを捕獲しない・・・。」と、確信している。   今年はまだオオムラサキを見ていない。何で、この話題にしたかと言うと、年々、オニヤンマ・オオムラサキ・カブトムシ等がいなくなっているような気がする。

 これから夏休みだが、もうソロソロ、昆虫採集は止めた方がよろしいと思うのだが。     どうせ捕まえても、死なせてしまうのが関の山・・・。   取るなら写真だけ・・・。      友人に、県内の著名な避暑地で、養殖のカブトムシ販売をする人間がいた。 その彼が、ある年から、その儲かる商売を止めた。  その理由が、本人なりにあった。          或る年の夏、いつもどうり、子どもを連れた母親が来たのだそうだ。 網を張った空間に、カブトムシを放し飼いにして、子ども自身に取らせる商売をしていたが、来た子どもが動かないカブトムシを手に取り「ママ!このカブトムシ、電池切れている・・・・。」と言いつけたそうである。  それを聞いた友人 、何故か、非常に虚しさを感じ、即、商売を止めた・・・。 無理ない! 

 この調子で、昆虫採取とやらを、学校が後押しして続けたら、そう遠くない将来、上記の昆虫を中心に、絶滅危惧種に指定されると確信する。

 最近は、採集網をみると、何故か・・何故か、破りたい衝動に陥るのは、小生だけであろうか?  歳のせいかな? ・・・・・・あァ~ぁ! やんなっちゃうなァ!

Posted in 楽士の独り言.