経世済民

久しぶりに、あるエッセイの中にこの文言を見つけた!この歳になっても、知らないことが多すぎる。

何も知らないのだ。 自分はいい・・・けど、子どもたちは、そうはいかない。 

ブレナイ、立ち位置がどこかぐらいは、自分で判断できなければならない。 

自分も人、子も人、多少のユレがあるのは当然のことだが、問題提起するガワも人である。

大人でも、膨大な情報から、メディアに踊らされることなく、真実を見出すのは至難のワザ。

まして、お国(オカミ)には抵抗できない。 潰される。

国が曲がれば、民も曲がる。 倒れれば、民も倒れる。 

救うものは、イナイ。 富裕層だけが、海外に逃げる。 どこでも、お好きな国へどうぞ・・である。 

後に荒廃した地が、残るだけ。

正念場にいることを、政治家・高級官僚・経済をリードされている方々は認識しているのだろうか?

経済=経世済民!

下層国民を救うのは,誰? 格差少なき、人々が幸せと感じる社会を形成するには、

経済学しかないと、経済を目指した志ある方がいたのは、遠い昔だったのか?

問題多き歳(毎年同じか!今更言うことなし)。

恐らく、歩いた道が「事実」であり、「真実」なんでしょうねぇ!    あぁーア!

Posted in 楽士の独り言.