何とやさしい、穏やかな新緑だこと

ホントは、雨上がりの青空の写真をお載せしたかったのだが・・・。                あいにく、今日は雨空ですのでゴカンベン。下記の写真は、5月29日標高1150メートルの我が家を囲む新緑です。

一番上の写真は、我が家の前より、山に向かう道です。

二番目の写真は、隣の風景、フジの花が咲いてます(我が家の家紋と同じ?・・・)。

三番目は、我が庭の新緑です。

自然とは、良くしたもので、背丈の短い木々から葉をつけ始め、最後にその周りの大きな木々が葉をつけます(人間界とは、違いますね?・・・どこが?・・・あァ~ァ!)

秀逸は、白樺の芽吹きどきと、小生は見てますが、皆様は、其々違うでしょうねェ! 当たり前ですよね。

今は、恐らく標高1500メートルが良い頃でしょう。 是非、時間を都合して新緑を楽しみに山へお出かけ下さい。

IMG_0027

IMG_0025

IMG_0026

鉄斎・・・・・まさか、あの鉄斎?

IMG_0019

我が家に、正絹に描いた鉄斎署名入りで、紋付の裏生地に書いた着物がある。以前、市内の古着屋より手に入れたものである。

 

 

富岡鉄斎の名は、白洲正子氏の著作より知っていた。 著書「おとこ友達との会話」のなかで、「鉄斎さんは、どこにでも書く方だったもんで、それで面白くて。」と台所の戸袋に「色即是空・・・・・・・」と書いたものを、譲り受けたらしい。 今は、旧白洲邸 武相荘に飾ってあるらしい。

鉄斎は、明治・大正期の文人画家、儒学者で日本最後の文人と言われた方である。     梅原龍三郎や小林秀雄らが、近代日本画に独自の地位を築いたと絶賛している。

ただ懸念は、外史との署名である。                                     ① 鉄斎の作品ではなく、模倣であるとの意味か?                        ② 鉄斎自身が、自分は染色家ではないとの意味か?

別号に、鉄史との号があるので、本物である可能性はある。 バンドマンの先輩であるK氏は、今、古物商で生計をたてているが、「こういう物は、あまり人に見せないものだ。目あかが付くと・・・。」

まあ、偽物であろうと本物であろうと、気合が入ってないとこの絵・円相は書けないと思うし、どうでも良い。 しばらくは、一人で楽しんでいようと思っている。             一人でだよォ~~あァ~ぁ!

青畝の世界のはずが?

青畝の世界0009ぶしの花を、投稿する予定が? 4月20日深夜より降った雪で白一色の景色となってしまった。 一体何なの?

青畝の世界0001

 

まるで、こぶしの花のようである。

 

 

ダンコウバイも、黄色の花をつけてたのだけど?

 

青畝の世界0006

 

 

 

 

レンギョの小枝もこのとおり!!!

 

お久しぶりです。

このところの、寒さで、我が家の木々もすっきり!

陽が家の中まで入り、暖かい・・・幸せ、幸せ!!

市議選も、忙しそうで、遊説車が珍しく我が家の直近まで来てくれた・・が、Uターン?

来てくれたことに、感謝し、表に出てご挨拶しようと思ったのに・・・プン。

そうだよな、これ以上先に人が住んでいるとは、普通は思えないものねぇ!

それでも、今月からすぐお隣に、丸子から若いNさんが越してきました。

よし、よし、これで、七組も人が・・・人足が増えた。 ありがたい?

なんか、今回は、近況報告だけで終わりそう・・・いいのかな?

小生、只今、療養中!  もう少し掛かりそうです。

皆さんも、風邪引かないようご自愛下さい。

言葉さえ!省エネ?

頭の回転にぶり、言葉が続かない!                                      まず、今日の俳句から・・・。

  ○  言わないと  思っていても 「暑いよね!」

  ○  「休もかな」  おもわず木陰  オニヤンマ

 我が拙宅では、毎年、この時期[オニヤンマ]が、家の前の砂利道上を回遊している。                 今年も例年どうり回遊を始めた、推測するに、オニヤンマは、「 恐らく、この家の家族は、トンボを捕獲しない・・・。」と、確信している。   今年はまだオオムラサキを見ていない。何で、この話題にしたかと言うと、年々、オニヤンマ・オオムラサキ・カブトムシ等がいなくなっているような気がする。

 これから夏休みだが、もうソロソロ、昆虫採集は止めた方がよろしいと思うのだが。     どうせ捕まえても、死なせてしまうのが関の山・・・。   取るなら写真だけ・・・。      友人に、県内の著名な避暑地で、養殖のカブトムシ販売をする人間がいた。 その彼が、ある年から、その儲かる商売を止めた。  その理由が、本人なりにあった。          或る年の夏、いつもどうり、子どもを連れた母親が来たのだそうだ。 網を張った空間に、カブトムシを放し飼いにして、子ども自身に取らせる商売をしていたが、来た子どもが動かないカブトムシを手に取り「ママ!このカブトムシ、電池切れている・・・・。」と言いつけたそうである。  それを聞いた友人 、何故か、非常に虚しさを感じ、即、商売を止めた・・・。 無理ない! 

 この調子で、昆虫採取とやらを、学校が後押しして続けたら、そう遠くない将来、上記の昆虫を中心に、絶滅危惧種に指定されると確信する。

 最近は、採集網をみると、何故か・・何故か、破りたい衝動に陥るのは、小生だけであろうか?  歳のせいかな? ・・・・・・あァ~ぁ! やんなっちゃうなァ!

「月様、雨が・・・」

昔から、梅雨明けは沖縄方面から、順番に北上してきていたと思っていたが・・・。    最近では、ランダムに梅雨明け宣言がなされていると・・・感じる。              表題、舞妓雛菊の呼び掛けに、月形半平太は「春雨じゃ、濡れて行こう・・。」と答えた。 赤色も、色あせてくる年頃の人間には、理解できるセリフである(高齢者とは、絶対に言わない!)。  で、思うに、こんな風情の梅雨時は、昨今、無かったように思うのだが・・思うだけである。  別にどうこういうことは、無い・・・無い・・・無い!

文脈に関係なく 一句。

     ○ 空蝉が、暑さをつれて 朝の庭

     ○ お泊りの 季節になって プールかな

基本的に、政治的なことはブログではかけない立場だが、一言だけ、今の日本の閉塞感を打破するには、 問題点を一つか、二つにしぼり、簡潔・明快にマニフェストを作成して、任期は、一期だけと明言し、立候補する候補が、一人でも多くいれば、政界地図は変わると確信する。

○  一票の格差是正。

 

 現況での、上記案件は、受益者である議員が採決するのだから、自己の利益に反することは、たとえ憲法違反の判決が出ても、できない。  それが、普通の人間が考えることと思うのだが・・・。  こんなこと言う政党・候補者が、でないかなァ?  

 まァ、夢だよねェ!

 

 

おらほの町の音楽会 終演する!

本日、文化協会音楽部会発表会が東御市文化会館で開催されました。              その様子を、写真でチョットだけお知らせします!

 

 最初は、ハーモニカクラブ

唱歌・童謡を奏でます。

 

 

   

 

 独唱の伴奏もします。

「合奏って難しい・・。」とのことでした。

 

 

 

 ピチカートアンサンブル

木管だけの、リコーダーアンサンブル

とても、やさしい調べでした。

 

 

 

 エオリア・ずくなしアンブラス・あうんの演奏があり、トリは、TNSジャズオーケストラ!

 

  

 いつもより、少人数でしたが、

しっかりとスイングしてました。

今年は、結成30周年だそうです。

益々の活躍に期待します!

 

 

 

[わが美しき故郷よ] 愉会first余韻を残し終演する!

● コンサート 余韻残して 半夏生。                                           寝ている間に、月が移った(初っ端から何言ってんだかねェ・・・)。                 昨日「わが美しき故郷よ」tourとうみが開催された。                       実は、出演された[おおはた雄一]さんのロビーコンサートが、昨年3月12日に予定されていたのだが、例の大震災が前日に起き、急遽、コンサートは中止、そんな訳で、年を越してのコンサートが開催された(一度、公演を延期すると、おおはた雄一さんのスケジュールが取れなかった・・・、結構、忙しい人なんですねェ!)。                                                  出演されたのは、オ―プニングアクトに文化会館では、二度目の出演となるエバラ健太さん、メインコンサートには、おおはた雄一さん・畠山美由紀さん・笹子重治さんであった。 コンサートの様子です。                                        

しっかり演奏しました。                  予定時間を15分もオーバー!

 

 

 

 

横からゴメンね~ェ。        只今、トーク中? イエ、歌ってます。

 

 

ブルース的なフォークと言うか、   とに角、ギターも歌も上手い方でした。                    念願のコンサートです。

 

 

 

畠山美由紀さんと笹子重治さん。

 

 

 

 

ステージの最後は、三人で、「わが美しき故郷よ」です。           畠山さんは、気仙沼ご出身です。

 

 

会場内で、恐らく一番緊張していたのは、この彼、職員F君と思います。   何故かな~~ァ! 鼻息荒くて!    3時間が短かったでしょ~ねェ~?

 

 

偶然の面白い写真を、オマケで!!   ホールに虹が懸かってます。

東御清翔高校生出演する。

今、東御市男女共同参画週間実行委員会により、サンテラスホールで、(映画を中心としたつどい)が開催されています。

市長あいさつの後、ステージ発表で東御清翔高等学校生による[和太鼓演奏]と、文化会館で学習してる成果を、今日のステージで制作し、裏方を担当、実習しています。 

そのホットな様子を、紹介します。

 

 

 

 

 

開演前、ほぼ満席状態です!

 

 

 

 

 

東御市出身「哲学者」の言葉引用。良く、知ってるなァ~。

 

 

 

 

ホール後調光室での実習現場です。真剣な表情(緊張してる?)

 

 

 

背景の照明も、彼らが考えました。

 

 

 

進行すると共に、熱を感じました。

 

 

 

 

今日の裏方を紹介してます。    二年生は、11名います。       表現ステージの一年生は、24名。 将来が楽しみです。

 

 

 

その後、すぐに次の用意です。       ご苦労さん!

第三木曜日は、[夜会]開催中!!

本日は、東御市で初お目見え俊智さんのコンサートです。  只今、出演中!                      ホットな会場を、ご案内します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俊智さんとのご縁は、文化会館で学ぶ東御清翔高校表現ステージの諸君が、俊智さんのコンサートサポートを依頼され、御代田でのコンサートに参加したことが始まりです。

2002年秋に信州へ移住され、佐久・御代田・軽井沢を拠点に活躍中です。

スピリチュアルな世界を、大切にしたいとの想いで、演奏を続けているとのお話でした。

取り急ぎ、ご紹介しました。 次回を、お楽しみに!